HOME > ブログ > アーカイブ > 2014年9月アーカイブ

ブログ 2014年9月アーカイブ

2014.9.23 動物愛護フェスティバルin西濃 おまけ編

2回の実演の後、救助犬ブースで
お妙さんとドルフィンも一緒に募金活動!
DSCF8418.JPG
2頭のカメラ目線いただきましたーーーup
DSC_8556.JPG
この写真を撮る裏では・・・
こんな感じになっています(笑)
DSCF8416.JPG



2014.9.23 動物愛護フェスティバルin西濃 実演編

今回の実演は
盲導犬
介助犬
災害救助犬
3種の使役犬の実演がありました!
DSC_8424.JPG
そして救助犬の出番ですrock
まずは服従作業
DSC_8440.JPG
DSC_8442.JPG
DSC_8445.JPG
捜索作業
まずはミニチュアシュナウザーのドルフィンくんから!
DSC_8456.JPG
ここで反応!さて正解は・・・
DSC_8458.JPG
見事大正解happy01
DSC_8460.JPG
次はお妙さんの番です!
この子たちが隠れてくれました。
DSC_8468.JPG
探せ!!
DSC_8471.JPG
ここで反応!当たってるかな?
DSC_8472.JPG
お妙さんも正解!
DSC_8474.JPG
実演終了後、撮影会♪
DSC_8478.JPG
DSC_8483.JPG
DSC_8484.JPG
午前と午後の2回実演をしました。
暑い中、見に来てくださりありがとうございましたdog


おまけ編につづく・・・

2014.9.23 動物愛護フェスティバルin西濃

毎年9/20~9/26の7日間は動物愛護週間です。
動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深め
動物と人間の絆を深めることを目的として定められた記念週間です。
9/23は祝日と言う事もあり、たくさんの地域で
動物愛護のイベントが行われていたと思います。
その中の1つ、岐阜県大垣市で行われたイベントに
救助犬のデモンストレーションをするため参加してきました!
DSC_8423.JPG
DSC_8418.JPG
出展ブースがたくさんありましたhappy01
DSC_8421.JPG
救助犬のブースにもたくさんの人が来てくれましたよnote
DSC_8511.JPG
DSC_8515.JPG


実演編につづく・・・


スニッファードッグカンパニー主催 救助犬セミナー 2日目

2日目は上級クラスの犬たちの捜索訓練でした。
DSC_8367.JPG
かなり緊張しております(笑)
この捜索での設定は約18時間前に工場で爆発事故があり不明者は数名いる。
情報はこれだけ。

ここで大事なのは捜索に入れる状況にあるかどうか?
有害物質の有無。
電気は止まっているかどうか。
倒壊の危険性がある個所はあるのか。
この様な質問がハンドラーから出るかどうか
試されてました!
いくら犬の訓練は出来ていてもいざ出動となった時にハンドラーが犬の安全を守れなかったら
何の意味もないですからね。

安全の確認をした所で捜索開始!!

DSC_8369.JPG
ここでお妙さん、上向いて吠えてます。
私はてっきりこの黄色の建物の中にいるのだと思っていましたが・・・
DSC_8374.JPG
正解はタイヤの山の中でしたbearing
DSC_8388.JPG
最後に1人1人コメントをリンダさんから講評を頂いたんですが、ビニールシートが目に入り
それに反応して吠えたとのコメントでした。
実際、ビニールシートを取って捜索し直したらきちんと鼻を使って発見できました。
妙はきちんと仕事してくれてるのにハンドラーの私が全然ハンドリング出来ずだったので
かなり凹みましたよ・・・
今回のセミナーでは救助犬に携わるにあたっての心構えを再認識した2日間でした。
それと他の団体の救助犬も見る事が出来たので色々勉強出来ましたhappy01
DSC_8409.JPG
またこういう機会があれば参加したいと思います!

スニッファードッグカンパニー主催 救助犬セミナー 1日目

東日本大震災の時にスイスチームの隊長をされてたリンダさんを講師に招いて
救助犬のセミナーが開催されました。
DSC_8159.JPG
左から2番目がリンダさん。
初日は初級と中級クラスの犬たちの訓練。
座学も交えながら行われました
DSC_8162.JPG
DSC_8177.JPG

訓練方法は普段私たちがやるような事なんですが
リンダさんはヘルパーの隠れる場所と風の向きにはとにかくこだわっていて
風の流れを見てここで犬が発見して吠えているだろうと予測した場所からご褒美が出せるように
ブロックを組み立てると言う様な事をしていました。

無風の時は捜索させないと言うくらいの徹底ぶりです!

夜はスクリーンで写真や動画を見ながらの講義。

DSC_8266.JPG
スイスでは救助犬に必要な施設、医療、交通機関など
すべて国が支援しています。
試験内容の話もされてましたが5段階ありジュニアクラスから
試験があります。
そして、常に実働で使える犬を育てる、と言う事に重点を置いて訓練方法、試験内容を
見直していくそうです。
正直な所、日本の救助犬は認知度もまだまだ低く遅れているなぁと痛感しました。


2日目に続く・・・



1

« 2014年7月 | メインページ | アーカイブ | 2014年10月 »

このページのトップへ